骨董収集で心得ておくべきこと

これから骨董収集を始めるにあたって心得ておくべきことがあります。それは骨董は投資ではないことです。
よく有名作家の作品を投資目的で購入される方がおられますが、その買い方は骨董を楽しむという本来の意図から外れています。いくら著名な作家の作品でも一旦人の手に渡ったものは単なる中古品という扱いをされる可能性が高く、値段が上がる可能性は低いのです。仮にそれが国宝級の作品で需要があるのなら話は別ですが、今は人気がないけれど今後人気が出るかもしれないと言って投資目的で購入するのは筋違いです。
中には非常に高額な値段が付くものもありますが、そうでなものがほとんどですし、そもそも骨董とはそれを持つ人が好いと思えばそれでいいのです。一般には人気がなくて金額が付かないものでも、それを持つ人にとっては価値のあるものもある種の骨董品と言えるのです。
骨董とは投資目的で収集するものではなく、それを持つことで心が豊かになり、生活を活気づかせるツールなのです。